« 或る朝の始まり | トップページ | え、いつもそうだって? »

キャシャーン再び

「キャシャーンsins」のDVDを購入した。

BOXの1と2。

“キャシャーンがやらずて誰がやる”の第1作とは趣きがだいぶ違う。

機械対人間ではなく、機械が世界征服を為し得た後に、

永遠であるはずのその寿命が、一転滅びに向かうという終末の物語。

鍵を握るのは、機械文明の母とも言えるルナと、

彼女を殺し、滅びのきっかけを招いたキャシャーン。

彼は凡ての記憶を失っている。

キャシャーンを喰らえば滅びを免れる、というデマのため、

行く先々で機械達に襲われ、世界を彷徨っている。

そしてキャシャーン自身は、何故か傷を負っても再生する。

それはルナを殺し、その体液を浴びたことと関係があるようなのだが、

そんな折、その殺したはずのルナが、生きているという噂が流れ、、、

先日完結した、おそらくアニメ史に名を残すだろうこの作品。

3度ほどしか巡りあえず、結末も知らない。

この後立て続けにBOXの3と4が発売されるそうなので、

ああ、お金がないというのに、買ってしまうのだろうな。

|

« 或る朝の始まり | トップページ | え、いつもそうだって? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャシャーン再び:

« 或る朝の始まり | トップページ | え、いつもそうだって? »